雑記

雨なのに花粉症ひどいの?は間違い!

更新日:


雨ですね。今日は嵐だなんて話もちらっと耳にしましたが、僕のいるところは普通な穏やかな雨の日でした。朝起きたら、花粉症の症状がひどいひどい(T_T)

前書いた(記事:つらい花粉症治したいヨーぐるっと)ように花粉症持ちの僕なのですが、ここ数日はとても特別つらい症状も無く良かったんです。なのに!今朝おきたら、鼻水はでるわ、くしゃみは出るわ、なかなか目が開かないわ...。今日の一番は喉のかゆみでした。喉(鼻と口の中間らへん)がめっちゃかゆい!

こういう日に花粉症持ちじゃ無い人に言われるのが「雨なのに花粉飛んでるの?雨なのに症状つらいの?」って。この考え、根本的に違うみたいです!

まず雨でも花粉は飛んでます。雨の降り始めは、空中の高いところまで飛んでた花粉までもが雨で落とされて地上に落ちてくる。それが雨が上がるとまた地上の花粉が巻き上げられる。晴れでも雨でもそんなに関係ないみたい。

それから、雨の日は気圧が下がるので、体内のヒスタミンが増える。ヒスタミンは、鼻炎や花粉症の原因になっている物質。

血圧降下、血管透過性亢進、平滑筋収縮、血管拡張、腺分泌促進などの薬理作用があり、アレルギー反応や炎症の発現に介在物質として働く。ヒスタミンが過剰に分泌されると、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合して、アレルギー疾患の原因となる。

原因はお前だったのか!ヒスタミン!

400px-Histamine

僕は、基本的に晴れの日よりも雨の日のほうが症状が辛いんです。原因これですね。気圧が下がる雨の日。人によっては関節が痛くなったり、血管が痛くなったり。雨の日は特に注意しないといけないですね。雨にマケルナ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記
-

Copyright© YUU for YOU Official Blog , 2017 All Rights Reserved.